逆張り投資家

日本の株式に投資をしている個人投資家の多くは下がって小型割安株を購入する投資の仕方が大好きです。
自分の投資判断と照らし合わせて割安だと思う株式が下がっているときは、「もっと下がれ、もっと下がれ」と心の中で思いながら株式の購入機会をうかがい、自分が投資に踏み切ってからは「株価は上がれ」と思うのがほとんどの個人投資家の習性です。

しかし、下がっている株式はどこで株価が反発するのかは誰にも分かりませんので、賢明な個人投資家の多くは下がっている株に投資する所謂「逆張り」を行なうときは大抵の場合一度に買いたいだけ株式を購入することはなく、何度かに分けて株式を購入します。
当然、一度目に購入した株式が下がっているので含み損を抱えた状態でまた株式を購入することになります。

このような含み損を抱えたまま株式を購入することが二度三度つ続くと、含み損の金額を見て気持ちが落ち込むので、このような投資ができる人は強靭な精神力が必要になってきます。
しかし、実際にこのような買い方で株式投資をする人のほとんどは強靭な精神力など持っていません。

カテゴリー: 人気の秘密は優待だったりもします パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です